相続税とは

相続税とは、お亡くなりになられた方の遺産(残された財産)を取得した相続人等(受遺者を含む)にかかる税金のことです。
全ての場合に相続税が発生するというわけではなく、基礎控除額を超える財産を相続する場合に発生します。

基礎控除額は、相続財産や相続人の数により計算方法が異なりますので、詳しくは以下をご覧ください。

>基礎控除に関する詳しい内容はコチラ

基礎控除額を超え納付増額がある場合には、相続税申告と納付が必要です。
申告・納付には期限が定められており、どちらも「相続を開始を知った日の翌日から10ヶ月以内」とされています。
この期限内に申告しなければ税務署から催促がきます。
それでも申告しなければ税務調査が入り、相続税とは別に重い延滞・加算税を加算されてしまいます。
しっかりと期限内に申告・納付ができるように専門家へ相談をしましょう。

>相続税の申告と納付に関する詳しい内容はコチラ

さらに、死亡保険金や死亡退職金などのように、被相続人の死亡を原因として相続人がもらえる財産のことを「みなし財産」といいます。
生前に持っていなかった財産であったとしても、相続財産とみなされて相続税がかかります。
みなし財産としてよく取り扱われるものをまとめておりますので、ご確認下さい。

>みなし財産に関する詳しい内容はコチラ

遺産相続は税金の申告・納付を行ってはじめて終了します。
当センターでは相続税申告の経験豊富な専門家がアドバイスさせていただくことが可能です。
相続税に関するの無料相談も実施しておりますので、お気軽にご相談ください。

無料相談受付中 0120-952-964 平日9:00〜17:00(土日祝は事前に相談) 足利市駅より車で10分 国道293号線アピタ足利店すぐ! 無料相談について詳しくはこちら