相続税の基礎控除

財産を受け継いだ人の全てが税金を払わなければいけないわけではありません。
実際に納税が必要になるケースというのは100件中4件程度です。

基礎控除額というものが設定されており、「基礎控除額を超える財産」を受け継いだ人のみに相続税が発生します。

この基礎控除額は遺産を相続する人の数で変わります。

基礎控除額の計算

基本となる計算は以下の通りです。

3000万円+(600万円×法定相続人の数)=基礎控除額

ある家族で旦那様が亡くなられたケースでは、その「奥様」「子供3人」の計4人が法定相続人だとすると、

3000万円+(600万円×4)=5400万円

となり、5400万が控除額の上限となっております。
※法定相続人にカウントされるのは「相続放棄をした相続人」なども含まれますのでご注意ください。

相続税を払わなければいけないのかどうか、上記の式を使って把握してみましょう。

当センターでは相続税についてアドバイスさせていただくことが可能です。
相続の無料相談も実施しておりますので、お気軽にご相談ください。


無料相談受付中 0120-952-964 平日9:00〜17:00(土日祝は事前に相談) 足利市駅より車で10分 国道293号線アピタ足利店すぐ! 無料相談について詳しくはこちら