解決事例

Q.住宅取得資金の贈与については非課税枠があると聞いたが、どうなのか?

A. 直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税に該当しております。 贈与を受けた年の翌年2月16日から3月15日までの間に、一定の書類を添付して、納税地の所轄税務署に提出する必要がある旨説明しました。
続きを読む >>

Q. 父の財産を孫にやりたいが、どうしたらいいか。相続時精算課税を検討しているが選択した方がよいのか。株を所有しているが、その評価について等の相談。

A. 相続時精算課税の概要の説明をしました。孫には適用できないため、暦年での贈与を勧めました。 株および土地建物の評価についての説明をし、財産評価をするかどうか検討して連絡を頂くとのことでした。
続きを読む >>

Q. 相続税が増税されるというので、どのくらい税金がかかるのか心配です。 私にも税金がかかるのでしょうか。

A. ご相談者の土地建物・預貯金などの保有状況をお伺いし、およその相続税評価額を計算しました。 そこで、相続税は財産があれば全てについてかかるわけではないことを説明し、ご相談者の課税最低限である基礎控除額をお教えしました。 結果的には相続税はかからないと回答しました。
続きを読む >>

Q. 亡くなった父は再婚で、前妻との間に子供がいます。父の相続手続きを進めたいのですが、前妻との子の所在も分からず、面識もありません。

A. 相続人を調査したところ、現在の妻とその子2人、前妻との子2人ということでした。 前妻の子2人の所在地を把握して、お父様が亡くなられた旨を報告し、相談者の遺産に関する意向をお伝えしたところご了解していただき、無事遺産分割協議が成立しました。
続きを読む >>

Q. 父が亡くなり、相続税の申告がされていません。 申告をすると税額が発生するので困っております。

A. お話をお聞きしたところ、父の死亡による相続税の申告ではなく、父が生前に贈与した贈与税の申告がされていなかった、とのことでした。 依頼者の父は生前に2500万円までならば贈与税がかからずに土地建物をご相談者に贈与できるとのお話を行政書士から受け、贈与及び所有権移転の手続きを依頼し、完了たのですが、父の死亡後、税務署からご相談者に相続時精算課税を選択した贈与税の申告がなされていない旨の連絡が
続きを読む >>

Q.母親がなくなって随分たってしまったが、どうすればいいでしょうか?

A.来所していただき、死亡日を確認したら相続申告まであと2週間程度しかないことがわかりました。 資料を拝見すると申告が必要かもしれないことがわかりました。 支給財産評価に必要な資料を用意してもらい期限内申告を前提に相続税申告を引き受けました。
続きを読む >>

無料相談受付中 0120-952-964 平日9:00〜17:00(土日祝は事前に相談) 足利市駅より車で10分 国道293号線アピタ足利店すぐ! 無料相談について詳しくはこちら